【横浜中華街】茶言で満杯フルーツジャスミンを飲んできました!

横浜中華街・茶言で満杯フルーツジャスミンを飲んできました! 実食レポ

タピオカ激戦区のひとつ、横浜中華街に行ったときに茶言(チャゲン/TEA THEORY)で「満杯フルーツジャスミン」を飲んできました!

サイズとカスタマイズは


・サイズ:ワンサイズのみ
・甘さ:普通
・氷:普通
・トッピング:タピオカ

にしました。

さっそくレポしていきます!

茶言 横浜店の待ち時間とメニュー

茶言横浜店の外観

今回は月曜日の12時過ぎに訪問しました。

茶言横浜店のメニュー

平日とあって、待ち時間なしですぐに注文できました。

生フルーツを使ったフルーツティーは割とどのお店も作るのに時間がかかる傾向がありますが、茶言も例外ではありません。出てくるまでに5分ほど待ちました

スポンサーリンク

ドリンク部分の感想

茶言の満杯フルーツジャスミン

こちらが「満杯フルーツジャスミン」です!

グレープフルーツとライムの輪切りが上に浮かんでいて、下の方にはグレープフルーツ果肉が沈んでいるのが見えます。

早速飲んでみると、この見た目に反して意外とフルーツ感は薄いので期待はずれ。

フルーツ味が薄い分、お茶(ジャスミンティー)の味はしっかりと感じられます。

甘さ普通で頼んだのですが、甘さレベルはちょうど良かったです。

ただ、ジャスミンティーの苦味とグレープフルーツの苦味の相乗効果で、けっこう苦味を強く感じたので、苦いのが苦手な人は甘さ多めで入れてもいいかもしれません。


甘さ:★★☆☆☆(そんなに甘くない)
茶葉感:★★★☆☆(普通に感じられる)
フルーツ感:★★☆☆☆(苦い)
ドリンク総合評価:★★☆☆☆(リピは無いかな…)

タピオカ部分の感想

続いてタピオカを食べてみます。

タピオカの大きさは中粒、量はこのサイズの容器(650〜700mlクラス)にしてはちょっと少なめかな、といった感じです。

噛んでみると、やわらかめに茹でられたタピオカで、しっかりとモチモチ感が感じられます。

このタピオカ、私は結構好きです。

中華街タピオカ全般に言えるのですが、ドリンクのレベルはまちまちでも、タピオカに関していえば総じてレベルが高いな、という感じです。


タピオカ大きさ:★★★☆☆(中粒)
タピオカの量:★★☆☆☆(少なめ)
やわらかさ:★★★★☆(やわらかめ)
モチモチ度:★★★☆☆(標準的)

スポンサーリンク

茶言 満杯フルーツジャスミンまとめ

・フルーツ感は薄く、お茶感強めのドリンク
・タピオカは中粒モチモチでおいしいが、量が少ない
・総合評価:★★★☆☆

やっぱり私は「フルーツティー」というからにはもっと本物のフルーツ感を強めに出している物が好きなので、茶言のフルーツティーは少し評価が低めになってしまいました。

◆横浜中華街タピオカ その他の記事は↓こちら↓からどうぞ!◆

横浜中華街 | タピオカマニア
「横浜中華街」の記事一覧です。