安曇野食品工房 EMIAL タピオカバニラミルクの感想

実食レポ

コンビニで期間限定のタピオカドリンクを見つけたので早速飲んでみました。

メーカー名は安曇野食品工房、商品名は「EMIAL タピオカ バニラミルク」です。

値段はローソンで税抜き220円でした。

さっそく飲んでみます!

ドリンク部分の感想

まずフタを開けてみると、ドリンク部分が真っ白だったのでびっくりしました。お茶ではなく「バニラミルク」だから茶色くないんですね。

ひとくち飲んでみると、強烈な甘さです。濃厚な生クリームとホワイトチョコレートが合わさっています。飲み込んだあと鼻に広がる後味は、バニラの香りが強めです。

タピオカ部分の感想

タピオカの粒は小さめです。目測で7mm前後の粒が多いように見えます。

量は目測でカップの底から1.5cmほど入っています。

ストローで吸って口の中に入れてみると、かなり柔らかく、かみごたえのないタピオカです。

柔らかいこんにゃくみたいな食感で、ひと噛みで噛み切れてしまいます。

カロリー

バニラミルク部分がかなり濃厚だったので結構カロリーが高いのかな?と思いきや、1本あたり183kcalと、まあ順当なカロリーでした。

タピオカが少ないおかげで、高カロリーにならずに済んだのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ドリンク部分(バニラミルク)は、安曇野食品工房の特徴である「クリーミーな濃厚さ」が存分に味わえるおいしさです。

ただ、甘さ控えめが好きな人にとっては、少し甘すぎるかもしれません。

タピオカは、ティースタンドの本格タピオカに慣れた方には物足りないクオリティでしょう。

原材料欄を見ると「寒天」の表記があるため、キャッサバ芋のデンプンを固めた本物のタピオカではないのかもしれませんね。

寒天を使ってタピオカに似せて作った物体、いうなれば「ニセオカ」(今作った単語です)といった食感でした。

同じ「EMIAL」のタピオカミルクティーを飲んだ時の感想は以下の記事からどうぞ!

安曇野食品工房 EMIAL タピオカミルクティーの感想
今回は、コンビニで見つけたタピオカドリンクを飲んでみたのでレビューしたいと思います。 メーカー名は安曇野食品工房、商品名は「EMIAL タピオカミルクティー」です。 ローソンで税抜き220円で購入しました。 ...