ゴンチャの謎メニュー「ブラックフォレスト」って何だ?大解剖してみた!

貢茶のブラックフォレストって何?大解剖してみた! 実食レポ

ゴンチャのブラックフォレストを飲んできました!

ゴンチャの中でもトッピングだけで構成されているという異色のメニュー、ブラックフォレスト。内容はタピオカ、グラスジェリー、ミルクフォームだけです。

サイズはMのみ氷と甘さのカスタマイズは不可です。

さっそくレポしていきます!

ゴンチャ ららぽーとTOKYO BAY店の待ち時間

貢茶船橋ららぽーとの待ち時間

今回は土曜日の12時前に行ってきました。

11時の開店時には40〜50人ぐらいの列ができていて一旦あきらめたのですが、12時前に通りかかったら列が15人ぐらいまで減っていたのですぐ並びました。

15人待ちで注文までにかかった時間は12分、注文から受け取りまでは17人待ちで15分。トータル27分かかりました。

ドリンク提供で何かトラブル?があったみたいで、この日はいつもよりもドリンクが出てくるまでの時間がすごく長かったです。

スポンサーリンク

ブラックフォレストの感想

ブラックフォレストの内容

見た目はブラックフォレストの名の通り、黒い森に霧が立ち込めているようなビジュアルをしています。

黒と白のコントラストがきれいなので、インスタ映え間違いなしです。

早く写真を取らないと、黒と白が混じってどんどん茶色っぽくなっていってしまうので、ドリンクを受け取ったらまずは写真を優先して撮りましょう

ミルクフォームの感想

ブラックフォレストの全容

まず、たっぷり入っているミルクフォームを食べてみます。

貢茶のミルクフォームは塩分控えめで、クリーミーでこってりした、コクが強いクリームです。

粘り気というか、とろみも強い液体です。

ミルクフォームだけを舐めても美味しいですが、さっぱりした仙草ゼリーとあわせて飲むと、クリームのコクと中和しあって更に美味しくなります。

グラスジェリーの感想

次に、グラスジェリー(仙草ゼリー)をストローで吸い込んでみます。

貢茶のグラスジェリー、いままでトッピングしたことがなくて実は今回初めて飲みました。

仙草というシソ科の植物を煮て作ったゼリーだそうで、前評判の通り漢方薬みたいな匂いがするゼリーで、けっこう薬臭かったです。でも、不思議と飲んでいるうちにクセになってくる味です。

なんだか健康になれそうな味で、さっぱりしています。

ブラックフォレストはほとんどの部分がこの仙草ゼリーで占められています。通常ドリンクが入っている部分にゼリーがドサッと入っているようなイメージです。

タピオカ部分の感想

仙草ゼリー+ミルクフォームのパンチが強すぎて、タピオカは影が薄いですが、下の方に1人前ぐらい入っています。

ゴンチャのタピオカは小粒寄りの中粒。直径1cmないぐらいです。

硬さについては今日はちょっと柔らかめかな?と思いました。6噛みぐらいで口の中で形がなくなりました。

タピオカ自体にほんのり黒糖の甘さがついてるので、仙草ゼリーに飽きた頃にタピオカで黒糖の味を楽しむと、メリハリがついて良かったです。

ゴンチャ ブラックフォレストのカロリー

ブラックフォレストのカロリーは?

ほとんどがローカロリーな仙草ゼリーですが、そこにかかっているミルクフォームは高カロリー。果たして総カロリーはどれぐらいになるのでしょうか。試算してみましょう。

材料
・ミルクフォーム 137kcal
・仙草ゼリー 149kcal
・タピオカ 182kcal

合計468kcal

だいたい、468kcalぐらいになるのではないかと予想されます。ブラックミルクティーにタピオカをトッピングした時が当サイトの試算だと489kcalなので、それとほぼ同じぐらいという試算結果になりました。

(ゴンチャは公式サイトでカロリーを公表していないため、これは当サイト独自の計算結果です。)

スポンサーリンク

ゴンチャのブラックフォレストまとめ

・甘じょっぱいミルクフォームを思う存分味わえる
・中身の大半はゼリーなので、仙草ゼリーをたっぷり食べられる
・コーヒーゼリーの仙草バージョンみたいな感じ

タピオカは1人前(70gぐらい)で、あとはほとんど仙草ゼリーです。

ストローでゼリーを吸いまくるので「ドリンク」というよりは「デザート」と言ったほうがしっくり来ます。

毎回これを飲みたいとは思いませんが、お茶に飽きてきた時とか、ゼリー系デザートの気分の時にはまた買うと思います。

なによりあの漢方薬みたいな仙草の味がクセになってしまったので、また飲みたいです(笑)。

◆ゴンチャに関するその他の記事は↓こちら↓に沢山あります!◆

ゴンチャ | タピオカマニア
「ゴンチャ」の記事一覧です。