タピオカの原料って何?どうやって作られているの?

タピオカの原材料、作り方 タピオカのキホン

丸くてかわいい見た目。食べたらモチモチの、タピオカ。

無色のものからカラフルに着色したものまで多くの種類が流通しており、そんなタピオカが入ったドリンクは、今大人気です。

ではタピオカは、どのような原料から作られているのでしょうか?

タピオカの原料について

タピオカパールは、「キャッサバ」という芋を原料として作られています。キャッサバ芋の見た目は、皮が茶色いさつまいも、といった感じです。

主に南米で栽培されており、土壌が悪くても気候の変動が大きくても、わりと簡単に栽培できるのが特徴です。

タピオカの原料は、実は有毒だった!?

タピオカの原料として用いられる、「キャッサバ」。実はキャッサバには、有毒な成分が含まれています。

このままでは毒が体内に入ってしまうので、日本に輸入する前に毒を抜いてから持ち込まれます。

食用として出回っているキャッサバやタピオカは、すべて無毒ですので安心してくださいね。

タピオカパールの作り方は?

見た目にはまださつまいも状の、キャッサバ。

キャッサバを丸いタピオカパールに加工するには、何段階かの工程を経る必要があります。

まず、キャッサバの根からでんぷんを取り、それを水で溶いた後に加熱

するとドロドロになるので、それを粒状にまるめて乾かすと、タピオカの形になります。

丸めるといっても、1本のドリンクに何個も入っているタピオカを、1つ1つ手でまるめるのはとても大変ですよね。

タピオカを綺麗な形にまるめるためには、専用の容器が使われます。容器の中に入れて回転させると、遠心力の力で、均等にまるくなっていくんです。

こうして作られたまるい形のタピオカを、お湯で2時間ほど茹でて冷ますと、私たちがよく目にする「タピオカ」の完成です。

現在は様々な色に着色されたものが流通しているので、本来の色が分かりにくくなっていますが、出来立てのタピオカは乳白色です。

私たちはドリンクに入れて「おやつ」的な感覚で食べていますが、実はアフリカでは主食としてキャッサバを食べている場所もあるんです。びっくりですね。