原宿・彩茶房で岩塩チーズ四季春茶を飲んでみました!

原宿・彩茶房で岩塩チーズクリーム四季春茶を飲んできた! 実食レポ

JR原宿駅の近くにはたくさんタピオカが飲めるお店がありますが、その中で私がまだ行ったことがなかったのが彩茶房(さいさぼう)

タピオカだけでなく、店内で台湾料理も楽しめるお店ということで、一度行ってみることにしました。

私の好きな四季春ウーロン茶のチーズティーがあったので、メニューは「岩塩チーズ四季春茶」をセレクト。

サイズはMサイズで、タピオカをトッピングしました。

甘さや氷のカスタマイズは出来なさそうな雰囲気でした。

さっそくレポしていきます!

彩茶房 原宿カスケード店の待ち時間

彩茶房 外観

今回は平日の13時前、ランチタイムど真ん中に行ったのですが店内は空席も多く意外と空いていました。

注文待ち0人ですぐ注文でき、席で待つこと2分、すぐに岩塩チーズ四季春茶が運ばれてきました。

スポンサーリンク

ドリンク部分の感想

岩塩チーズティーのおいしい飲み方 彩茶房

上の写真にある紙をもらったので、オススメの飲み方どおりに飲んでみました。

岩塩チーズクリーム部分

岩塩チーズクリーム

まずはストローを使わずにグラスに口をつけて直接岩塩チーズクリームを飲んでみます。

第一印象は、塩気が強めで好印象。クリームについてはこってりクリーミーです。

チーズの味もちゃんと感じられます。クリームチーズ独特の酸味が効いてて美味しいです。

他のお店のチーズクリームは、塩気が弱かったりチーズの味がしなかったりして不満を感じることが多いのですが、ここ彩茶房のチーズクリームは100点です。

今まで飲んだことがあるチーズクリームティーの中で一番濃厚でした。

四季春ウーロン部分

次にストローを刺して、四季春ウーロン茶を味わいます。

鉄観音系とは全く違う、台湾ウーロン茶の四季春。華やかな香りが鼻に抜けていって幸せな気分になります。

しっかりとお茶の味を楽しめるお店だなと感じました。

全体を混ぜて飲む

さて最後に全体を混ぜて飲んでいきます。

ストローでよーくかき混ぜた結果、甘すぎずちょうどよいクリームティーになりました。

全体をよく混ぜても、ちゃんと塩味を感じられるところがとてもよいです。他のお店だと塩が弱すぎて、混ぜると塩味が消えちゃうことが多いので。

氷が入っていないのに、最後までちゃんと冷たいままで飲むことができました。

タピオカ部分の感想

彩茶房のタピオカ

タピオカ部分についてもレポートしていきます。

タピオカは1cm弱の中粒。量は下から3cmぐらいとたっぷり入ってます。

口に入れてみると、他店のタピオカと違って粘り気がある感じにすぐ気が付きます。

モチモチはモチモチなんだけど、不思議な食感です。

粘り気があるせいか、お餅に近いような感じもします。

モチモチ度はバッチリで、10噛みぐらい楽しめます

普通のタピオカとはちょっと違うけど、これはこれで好きです。とにかく他のお店にはない感じなので、一度食べてみてほしいタピオカです。

彩茶房 岩塩チーズクリーム四季春茶のカロリー

濃厚なチーズクリームが乗っているので結構カロリーが高そうな気がしますが、どれぐらいなのでしょうか。早速試算してみます。

材料
・四季春烏龍茶 0kcal
・岩塩チーズクリーム 124kcal
・糖分 88kcal
・タピオカ 約167kcal

合計379kcal

だいたい、379kcalぐらいになるのではないかと予想されます。
(彩茶房は公式サイトでカロリーを公表していないため、これは当サイト独自の計算結果です。)

スポンサーリンク

彩茶房 岩塩チーズクリーム四季春茶まとめ

・今まで飲んだ中で一番チーズクリームが濃厚
・四季春ウーロン茶の香り高さもしっかり味わえる
・お餅のような粘り気のある独特のタピオカ

クリーム部分も、お茶部分も、タピオカも高得点。かなり完成度の高いドリンクでした。

このレベルのドリンクを出しているなら、彩茶房の他のドリンクも是非飲んでみたいです。